大祓とは、皆様が日常生活で気付かぬうちに身に付いた、罪穢(つみけがれ)を祓い清める行事です。特に日本では清浄が尊ばれ、6月と12月の大祓は古代より宮中で行われていました。後世には宮中から民間にも広まり「夏越の大祓」と「年越の大祓」とも呼ばれるようになりました。平安時代に編集された『拾遺和歌集』の中でも

水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 延ぶといふなり

と詠われており、大切な行事として今日まで続けられています。

 大祓にて罪穢を祓い清め、心身共に清浄な気持ちにてお過ごし下さい。